洋食

ウエストパパ|北区十条の洗練された超本格的なお料理を楽しめる洋食屋さん

20年以上も北区十条の食を支える老舗の洋食屋さんへ

JR埼京線「十条」駅から徒歩約5分、バス通りを帝京大学方面へ少し歩いた先にある『ワインびすとろ居酒屋ウエストパパ』さんへ。このおしゃれなオープンプレートが目印です。

写真をタップするとスライドショーを見ることができます!

編集員1号が北区十条へ引っ越してきたときからすでにあり、そして当時からすごい美味しいと噂を聞いていたので、とっても楽しみ!さっそくお店に入りましょう♪

お店の中はレトロな感じでとってもおしゃれ!落ち着いた雰囲気が何とも言えません。この日は常連の女性のお客様がいらっしゃっていて、ゆったりとお話に花を咲かせていました。

マスターは美術の学校に通っていたそうで、店内には美術系の作品もところどころに!

テーブルの上にもレザー製品が見受けられますが、こちらもマスターご自身で作られたそうですよ!すっ、すごい…。

お料理だけでなく、とにかく手作りがお好きなようで、こういったところにも非常にこだわりを感じます。もちろんメニューのカバーもご自身で作ったものですよ♪お話を伺ったら、テーブルも作られたそうですよ(^^)

さてさて、お料理以外にもすごいこだわり感じるマスターのお料理!めっちゃ楽しみです♪っと、その前に疲れを癒やすためのエネルギーチャージが必要ですね!はい、いつものビールです(笑)

ということで、今日も一日お疲れ様でしたぁ!かんぱ~い♪

『目玉飛び出るほど美味しい!』前菜から感動するお料理!

メニューは黒板から選ぶことができますが、何にしようかなぁと迷っていると、おしゃれで彩り豊かなアミューズが運ばれてきましたよ!手前のものが少しスパイシーなクスクス、そして鹿肉のリエット。どちらもお酒にぴったり!

あっさりした人参のサラダ風に、パテ・ド・カンパーニュ。一つのお皿で様々な味を楽しめる。そして、一つ一つのお料理のクオリティがすごい高い…。何を食べても美味しいんです。

編集員1号はとくにこのポタージュが感動しました…。エビ味噌とトマトを合わせたポタージュですが、濃厚でいてとっても上品。濃厚なエビの風味のあとに、フワッと香るトマトの酸味が全体をまとめてくれている。いやぁ、恐れ入りました…。

前菜のアミューズからすでに感動なのですが、ここからは黒板メニューを頼みます!まずは『レバームース』から!黒板にも頼んでほしいと書かれていたので、これは食べるしかないですよね(^^)

滑らかな口当たり、あぁ~惚れ惚れしてしまう。これはワインが飲みたくなってきます♪

お次は『キノコのローストサラダ』をいただきます。丁寧に炒められたボリューム満点のキノコたちは、香りが十分に引き出されて食欲をくすぐります。

すいません、どんどんお酒が進んでしまいます。ここでちょっとワインを挟みましょう。『シャルドネ・フリッツァンテ・フィオーリ・ビアンキ』をいただきます。辛口で少し微発泡を感じる飲みやすい白ワイン。

マスターはお一人でやられているのに、オススメを聞くととても丁寧に説明してくださいました。さらに嬉しいのはグラスで飲めるワインが多いことです。

ボトルで頼まないといけないと、なかなか種類飲めないですからね…。色々飲みたい方にはとてもありがたいです。こうしてずらっと並んでいると全部飲みたくなりますね(^^)

前菜最後を飾るのは『真鯛のカルパッチョ』。新鮮な真鯛にかけられたジェノベーゼソース、そして色鮮やかな3種類のソース。口の中に広がる爽やかさと複雑に絡み合う香りが真鯛の美味しさを一層引き立てます。

ちなみにまだ前菜ですが、なんだろう、この満足感と感動。どのお料理も手が込んでいて何も言えぬ美味しさ。あぁ、この日も仕事頑張ってよかったぁ。なんだか元気が蘇ってくるようです♪さぁ、メインディッシュは何を食べようかなぁ(^^)

『すいません、参りました…!』引き続き本格的お料理に圧倒!

さぁ、メインディッシュの始まりです!ミーハーなのかもしれませんが、ここで赤ワインに切り替え!『アルネギ テンプラニーリョ 2021 パゴ デル レイ』をいただきます。ブラックベリーのような果実味を感じるけど、とても柔らかい呑み口なので飲みやすいです!

この赤ワインで迎え撃つのは『高知県鹿肉のロティ』!キレイに並べられたズッキーニと鹿肉。ん~、見た目もすごいいい。味は想像以上!!

絶妙な火入れ。鹿肉って、結構匂いが気になるところも多いのですが、全然臭みもない。肉肉しく噛めば噛むほど旨味が口の中に広がっていく。あぁ、幸せ~(^^)

お肉を食べながら、隣のお客様が注文されてて、つい便乗してしまいました♪『ポテトオムレツ』です!とろ~っとしたオムレツの中からゴロっと顔をのぞかせるポテト。シンプルですが、文句なしの美味しさ!

これも頼んじゃいましょう!王道!『鶏肉のトマト煮込み』です。様々な根菜から出た優しいお出汁、ホロホロなお肉、トマトの酸味、この組み合わせは最強ですよね♪

あぁ、しみる~…。そしてお酒も進むぅ…。最後にいただくのは『エリクシオ マルベック グラフィーニャ』です。濃厚なバニラのような香りがする、しっかりした呑み口の赤ワイン。マスターもあなどりがたし!と書いているように、アルゼンチンワイン美味しいんです。

さぁさぁ!最後のシメはどうしようかなぁ。パスタにしようかなぁ。リゾットにしようかなぁ。ん~、非常に悩む…。

でも、一番気になったのはこれ!『海苔と柚子胡椒のクリームパスタ』!生海苔の香りが引き立つ、シメにもってこいのパスタ!

チーズと生クリームが濃厚に絡み合う中に、柚子胡椒のピリッとした爽やかな辛さがすごい良いアクセントになっている!重たいかなぁと思ったらそんなことない!黙々と食べてしまいました…。

楽しい時間というのはあっという間なもので、お料理を食べ終わるとちょっぴり寂しくなってきます。食材一つ一つも美味しいし、そこに熟練の腕でさらに美味しいものへと仕上げる丁寧な仕事。自分が言うものもおこがましいですが、本当に色々な経験をされて、積み上げてきた腕なんだなぁと感じました。

決して敷居の高いお店ではないと思いますので、ぜひ皆さんも足を運んでほしいお店だなぁと思いました。美味しいものを食べて、元気もたくさんいただきました。明日も頑張れるぞー!元気にお店をあとにする編集員1号でした。

いやぁ、本当に美味しかったです。ごちそうさまでした(^^)

熟練の腕もさることながらお人柄もとても素敵なマスターでした!

お店はお一人で切り盛りされているそうで、お料理もドリンク作るのもすべて一人。でも、接客もすごい丁寧ですし、ワインやお料理も本当に丁寧に説明してくださいます。すごいなぁと思います…。

何事も手作りが大好きなマスターが作り出すゆったり落ち着いた空間は本当に居心地が良く、疲れも吹き飛ぶ素敵なお店でした。また寄らせていただきます!

それにしても、北区十条地域には素敵なものがたくさんあります。10年以上住んでても飽きがこないです!引き続き、編集員1号も頑張って北区十条地域の魅力を伝えていきます!さぁ、お次はどこにお邪魔しようかな♪本当に素敵なお店だったなぁ。ありがとうございました(^^)

ウエストパパの店舗情報

【住所】〒114-0034 東京都北区上十条2-21-5 メゾン飛鳥
【TEL】03-5993-0883
【HP】https://westpapa.jp/
【Instagram】https://www.instagram.com/kanjinishida/
【Facebook】https://www.facebook.com/westpapa/

編集員1号とは何者?

安孫子 翔一(あびこ しょういち)
東京都八王子市出身、10年以上住む北区十条大好き人間。
美味しいお料理、お酒が大好き。色々なお店にお邪魔をさせていただいております。

IT企業に10年、飲食業に3年勤めたちょっと変わった経歴を持っています。
2022年2月にHUMALINKS株式会社を立ち上げ、
パソコンやネットで悩む方々のサポートに奮闘しております。

微力ですが、大好きな北区十条を盛り上げるためにJUJO WALKERを始めました。
北区十条の飲み屋によく出没するので、気付いた方はお気軽にお声がけください!

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ウエストパパ|北区十条の洗練された超本格的なお…

  2. 食堂ゆりこ|北区十条のサービス精神豊富なおでん…

  3. Griken(グリケン)|北区東十条の気さくな…

  4. 食堂あいそ|北区東十条の温もりを感じる創作和食…